新着情報

HOME > 新着情報

2011下水道展前に、協会名について

 アパッチ工法協会は元々はジェス工法研究会という協会からスタートしました。
平成20年度に協会名と工法名を同じ、アパッチ工法協会と改め工法の普及活動に勤めております。
この工法名、協会名の「アパッチ」は、どこから来たのかといいますと。
 手芸などの布に自由にワッペンなど組み合わせ張り付けを行う事をパッチワークと言い、
その事とマシンの掘進機外殻が組み合わせたり、取外しが自由に行え、
パッチワークに似ていることからパッチを取り、アクセントで頭に『ア』を付けてアパッチ工法と致しました。
また泥濃式推進工法でアパッチ工法をご採用して、立坑を掘削して土質条件が異なっても、
パッチワーク方式で掘進機タイプの変更が可能。
 アパッチ工法内での変更なので積算、概算工事費の算出も対応可能です。
コスト縮減、外殻部の回収再利用でエコ活動、社会に貢献できるように
清進して参る所存です。より一層のご指導・ご鞭撻をよろしくお願い致します。 

2011年07月13日



このページの先頭へ


アパッチ工法協会 事務局 本部
〒556-0024 大阪市浪速区塩草3-2-26 6F
TEL:06-6561-2115 FAX:06-6561-2116

Copyright(C) APACH Method Society All Rights Reserved.

メールアドレス

プライバシーポリシー